Archive [2006年03月 ] 記事一覧

桜の頃

 暑さ寒さも彼岸まで、と申しますが日によって気温の差が大きい今日この頃です。 そろそろお花見の季節ですね。教室の庭にも桜の木があります。虫がついたりして手入れが大変だなどと実家の者が忠告してくれたのですが、どうしても桜の木が植えたくて、ソメイヨシノと枝垂桜を一本ずつ庭師さんにお願いしてから今年で二回目の春を向えました。昨年は開花の時季に雨や風の日が続いて、見頃がわずか二、三日ぐらいで散り始めてしま...

三月は…

 三月は春の訪れを感じる時季であるとともに、卒業や引越しなど別れの季節でもあります。教室の生徒さんの中にも新社会人になられる方、社会人から新たな世界に挑戦される方、お引越しされる方、様々な事情で教室を一旦お休みされる方々がいらっしゃいます。その都度、言葉にはできない淋しさと、新しい生活を応援する気持ちと、これまでの感謝の気持ちでいっぱいになります。 また会える日を楽しみにしながら、私たちは相変わら...

ゆがみの美意識

 前回は茶碗の重さについて私なりの考えを述べてみましたが、今回は茶碗の形状、特に「ゆがみ」について考えてみたいと思います。陶芸の初めのうちは作品を均一に作ろうとしてもなかなか思うようにいかず、ついつい形がゆがんだりしますが、ここでいう「ゆがみ」は、例えば国宝の抹茶碗の卯花墻のように、意図されて「ゆがみ」を加えられたもののことです。志野焼の抹茶碗もそうですが、織部焼や瀬戸黒などもゆがんだ形状が特徴の...

Menu

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索