ソウムメイト2017”啐啄同時”

2006/05/26 [Fri]

抹茶碗の重さ・完結編

 前回抹茶碗の計量をしてみました。数値で表記すると1g違っても大きな差のように感じますが、複数の茶碗を手にとって感覚だけで重さを比べてみたところ、10gぐらい違ってもそれほど重さの違いが分からないと実感しました。
 重さにしても寸法にしても他と比較するからこそその差異が意識されるわけで、寸法に関しては比較する以前に適切な容量が確保できていれば茶碗として十分なのですが(見込み=内部の形状にもよりますが)、重さというのはそういった「茶を点てて飲む」という行為に、物理的に深刻な影響を与えないものなのでしょう。だからこそ重さを数値化して認識するという意識が存在しないのかもしれません。
 前回の志野茶碗Aは使用時には700g近くになり、計量する前から重過ぎる茶碗という印象がありました。作者が茶道の心得があるのかどうかは分かりませんが、そう勘繰りたくなるほど形や釉の発色よりも意識せざるを得ない要素になっています。しかしそれは茶道寄りの側から見た一面に過ぎません。
 重さに限らず形状についても同様のことが言えると思います。先ほど見込みについて注釈を入れましたが、一見問題のない形状をしている見込みでも、お茶が点てにくいことがあります。やはり現代の美濃の志野茶碗で、半筒型の形も釉の発色も素晴らしいものがあったのですが、半筒の形状がそのまま内側に影響して見込みに角(かど)があるものでした。見込みに角があるとお茶を点てる時そこに抹茶の粉が入ってしまい、茶筅が届かずダマになってしまうことがあります。私などはついついそんなところに目くじらをたててしまいますが、しかしこれと同様の見込みを持つ、慶長年間(1596~1614)に作られたという織部茶碗も以前見たことがあります。こちらに対しても同じように目くじらをたてるのがスジというものなのでしょうが、本物がそういう形状ということは何か意図があってのことなのでは、と寛大に容認してしまったりします。
 純粋芸術の場合で考えますと、制作者と鑑賞者が作品に対してのみ個々の精神的衝動を自覚することで、初めて芸術として成立するわけですが(仮に制作者の意図と鑑賞者の受け取り方が相違しても良いわけですが)、どちらか一方が欠けた場合には芸術ではなくなってしまいます。例えば制作者にとってその作品がいかに思い入れがあるものであっても、鑑賞者が作品から何も喚起されないなどといった場合です。ところが逆に、制作者に何も意図がなく作られた作品が鑑賞者に特別な衝動を与えるような場合、芸術は成立しませんが茶道の世界では評価されることがあります。高麗の井戸茶碗などは名もない陶工が雑器として作ったものを、日本の茶人がそこから侘びや寂びといった感覚を喚起させられ抹茶碗として用いられるようになったものですし、竹編みの桂籠花入(かつらかごはないれ)は漁夫が腰に下げていた魚籠(びく=釣った魚を入れるかご)を千利休が鉄鐶をつけて掛花入に仕立てたものです。どちらも制作者には特別な意図はなく、ただ用が足りるためだけに作られたものですが、鑑賞者がそこに用途以外の美意識を見い出したのです。抹茶碗というものは用途だけがその存在価値ではないわけですから、制作者が有名無名に関わらず鑑賞者がそこに存在意義を見い出して使用すればそれで良いわけです。極論を言えば抹茶碗は鑑賞者だけのもので、制作者が容喙する余地はないのかもしれません。作品が完成して制作者の手を離れた瞬間それはもう制作者のものではないという、芸術の基本姿勢にも共通するところでしょう。
 重さについて話を戻しますが、結局抹茶碗の重い軽いというのは使う人それぞれの感覚だけであって、同じ茶碗をとっても人によって重かったり軽いと感じたりする主観的なものなのでしょう。それは全く自由な感覚であって正解があるわけではなく、季節や体調によって変化しようとも許容されるべきものだと思います。それはまるで薄茶の濃い薄い、量の多い少ないについて、適正な分量を論じるのと大差ないことなのでしょう。
 抹茶碗の重さについて長らく書いてまいりましたが、これを一つの結論として、機会のあるごとに思い返してさらに精進していこうと思います。

 …水指の重さはどうだろ?
2006/05/19 [Fri]

続・抹茶碗の重さ

 抹茶碗の重さについては以前にも書きましたが、今回ちょっとした実験をしてみました。
 抹茶碗は使用する前に大抵水やぬるま湯に漬けたりします。これは汚れなどを染み込みにくくするためだったり、また釜から湯をいれた時の急な温度変化をやわらげるためだったりします。陶器や楽焼は水分を吸収する性質があるのですが、では実際にどれくらいの量を吸水するのでしょうか。
 まず乾燥した状態の抹茶碗の重さをそれぞれ計量してから水に漬け、1時間後もう一度重さを計量してどれくらいの水分を吸収したかをみた結果が次のとおりです。

茶碗の種類  乾燥時  水漬け後  吸収率(増加した分÷乾燥時の重さ)

志野茶碗 A  606g   646g   6.6% 
志野  〃B  488g   506g   3.7%
志野  〃C  452g   474g   4.9%
萩(井戸)〃   355g   372g   4.8%
白樂  〃   366g   383g   4.6%
黒樂  〃   360g   368g   2.2%
唐津  〃   325g   331g   1.9%
京焼  〃   274g   285g   4.0%
備前  〃   240g   240g   0.0%
素焼き 〃   283g   322g   13.8% 

 志野茶碗AとBは美濃の作家のもの、Cは教室で仕入れた粘土を使って作ったものを計量してみましたが、最も重い志野茶碗Aは素地も厚いせいか40gも水分を吸収しました。薄茶一服の量がおおよそ50g前後ですので、お茶を点てる前からほぼ一服分重くなっているということになります。
 萩(井戸)も作家もので志野Cと同じくらいの吸収率でした。萩はもともと焼き締まりにくい粘土で、叩いても志野より鈍い音がします。そのため実験前の私の予想では志野よりも水分を多く吸うのではないかと思っていました。
 さらに意外だったのが樂茶碗で、まず白樂は現代のもの、黒樂は18世紀初頭頃のものですが、その焼成方法から志野や萩よりも焼き締まらず、或いは素焼きに近い状態なのではと思っていました。しかし白樂の数値は志野Cとあまり差がなく、黒樂に至っては志野Cに比べ吸水率が二分の一以下というものでした。白樂の焼成方法は定かではありませんが、おそらく赤樂と同様、三~四碗を低火度で一緒に焼くやり方なのではと、叩いた音の感じから推測されます。黒樂も焼き締っていない音がするので土に要因があるのか、或いは総釉(器全体に釉薬が施されていること。今回の志野茶碗ABC、白樂、唐津は総釉ではなく土見せといって高台脇から素地が露出しているものです)なので水分を吸収しにくかったのか、いずれにしろ推測の域を出ません。
 唐津も教室で仕入れた粘土で作った茶碗です。叩いた音の感じから志野などよりも焼き締まっていることは想像できましたが、茶陶で重用される土ものの代表格でありながら、実は非常に硬い焼き物であることが吸水率からも分かりました。一般に水分を多く吸う焼き物ほどもろく、保温力がある(温度が伝わりにくい)と言われ、茶道においては保温力がある樂茶碗は第一とされ、またもろい焼き物は永久性のあるものを喜ばない茶の湯の精神に符合しています。水分を吸わない焼き物ほど硬く、冷めやすい=温度が伝わりやすいと言われています。ヨーロッパのティーカップなどに取っ手が付いている理由の一つは、ヨーロッパなどでは磁器が焼き物の主流で、磁器の性質=非常に硬く、温度が伝わりやすい=熱い液体が入っている場合、直接手で持てないからなのです。同様のことが古唐津の茶碗にもいえて、さすがに抹茶碗に取っ手は付けないので、手が直接触れる部分、つまり茶碗の高台脇から腰にかけての粘土が厚手に作ってあり、保温力の向上と手で持っても熱く感じないように配慮してあります。
 次に京焼の茶碗ですが、京焼に使用される粘土は一般に仁清土(にんせいつち)と呼ばれ、非常にきめが細かいので半磁器(はんじき=半分磁器=陶器と磁器の中間のような風合い)とも言います。しかし今回の結果を見る限りではやはり陶器であると再認識させられました。京焼の抹茶碗の見込みに茶渋がついたり、土が露出している高台脇などが黒ずんだりするのも陶器特有のものですが、陶器より温度が伝わりやすく、茶碗が熱くて持てないということが京焼の抹茶碗にはよくあります。半磁器といわれる所以はこのあたりの性質からもうかがえます。
 備前焼は以前にもお話しましたが、器(せっき)といって水を吸収しないので重さの変化はありませんが、念のため教室でいつも使用している粘土で実験してみました。それから素焼きの茶碗は800度で焼成したもので、やはり参考までに計量してみました。

 以上の結果から、陶器は2~6%前後水分を吸収することが分かりました。製品の厚さや形状によって一概には言えませんが、水分を吸収する陶器は使用前に水を吸わせること以上に、使用後充分乾燥させてからしまうことが重要です。
 抹茶碗の重さについてはまだまだ自分なりの考察をしていきたいと思っています。
2006/05/07 [Sun]

お茶道具屋さんあの手この手

 GW中にとあるお茶道具屋さんの売り立てに行ってきました。料亭をお茶道具屋さんが一日借り切って、大広間にずらりとお茶道具を並べてお客さんに見せ、気に入ったものがあれば買ってもらうという催しです。簡単な昼食と、別の広間で薄茶を戴けるというもので、私のような初心者にとって場違いな雰囲気で緊張しましたが、茶道具はこれからの時季に使えるような意匠のものがたくさんあり、また食事も料亭だけあってとてもおいしく頂戴しました。
 最も印象的だったのが薄茶席で、以前にも書きましたが二十人ほどで広間に入って、一通り正客の譲り合いのあとお点前をする方が出てこられました。その方は六十代前半くらいの女性で、一般のお茶会ですと半東か席主が客と会話をしてお点前は別の人がするのですが、その女性は全てを一人でこなしお点前はもちろん、その場の茶道具の説明や正客の質問にも軽妙に冗談なども交えながら、最後には使った道具の値札まで客一同に回覧するという、一般の茶会ではありえないことまでさらりとやってのけました。その席で使われた茶碗や菓子器といった道具もまたお茶道具屋さんの売り物だった訳で、普通に考えると商魂たくましいというか多少なりとも嫌味が出るところなのに、席中は常に和やかな雰囲気であっという間に時間が過ぎていったのでした。
 本来の茶の湯の姿とは少し違うのかもしれませんが、私にとっては普段とは一味違う楽しいお席を経験させて頂きました。

 | HOME | 

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索