Archive [2006年11月 ] 記事一覧

Sentimental Journey Ⅱ~真田紐のこと~

 今週の水曜日(おととい)陶芸教室の忘年会がありました。12月は皆さん何かとお忙しいのではと考え、昨年と同様ひと月早い開催にしました。これまで飲み会などのイベントは全て教室の中で行ってきましたが、たまには場所を変えて気分転換も良いものかと思い、またあまりお酒を召し上がらない方のために、今回は食事も楽しんで頂けたらと、関内にある高田屋さんにお世話になりました。 店内はおそば屋さんとは思えないような、モ...

Sentimental Journey Ⅰ

 今週明けから日中も寒い日が多くなって、そろそろ秋も終りのようですね。風邪などひいてらっしゃいませんか。ここにきて空気が急に乾燥してきたことが、作品の乾く速度でも感じられます。 日曜日から三日間、京都と大阪へ行ってきました。初日は新幹線で京都駅まで行き、山陰線ホームにあるうどん屋さんで軽い昼食をとり、京都伝統工芸専門学校でこの春から陶芸を勉強しているSさんと待ち合わせして、午後1時8分発の山陰本線...

正客への道

 自宅の庭に柚子の木があります。特に肥料をやるわけでもなく、農薬ももちろん使わず、ほぼ自生している状態のが2本あって、昨年はそのうち1本に実がほとんどつかず不作でしたが、隔年おきに実りが違うのでしょうか、今年は豊作です。千利休は柚子の色づくのを見て、口切の茶を始める(炉を開く)としました。カレンダーや時計に追われている昨今、暮らしが自然の移り変わりと一緒にあった古(いにしえ)に思いを巡らせる柚子の黄色...

茶の正月

 早いもので今年もあと二ヶ月を残すのみとなりました。十一月はお茶の世界では正月に当たり、春に摘んだ新茶を使い始める口切りや、炉開きといって半年振りに炉の点前になります。陰陽道でも十月に陰が極まり、十一月から陽に転ずるといわれていますが、太陽暦よりも太陰暦のほうが日本の伝統文化を理解する上で、季節感なども理解しやすいのではないかと思います。ちなみに日本では明治に入ってから太陽暦が取り入れられたのです...

Menu

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索