Archive [2007年05月 ] 記事一覧

風炉正午の茶事と道具組

 今日で5月も終わり。暑い日が続いたと思うと急に涼しくなったりしていますが、今年の夏は猛暑になるという気象庁の予報も当たりそうな予感がします。私自身は寒さより暑さのほうが耐えられるので、晴れの日が続いてくれて、適所に適度に降水量があったらベストです。 明日から6月。新しく初級・中級コースがスタートです。約10ヶ月続いた前回の初級・中級コースの皆さんはこれから自由制作です。10ヶ月毎に新しい生徒さん...

箱と箱書について~番外編

 昨日までは5月と思えぬほど暑い日が続きましたが、今日の横浜は久しぶりに雨が降って、少しひんやりしています。物騒な出来事や理解に苦しむ事件が多い昨今、人心の荒廃が叫ばれていますが、たとえば茶の湯に親しむことも、心を豊かにする一つの方法だと思います。 さて以前書いた「箱と箱書」の補足を書きます。 近年の宗匠の箱書のある茶道具の中に、仮に一つだけ、千利休の箱書のある道具を持っていたとしても、他の道具と...

京都散策

 日曜日に神戸に行ってきました。専門学校時代(陶芸)の同級生の結婚式で、とても良いお式でした(二人の末長いお幸せを祈っております)。で、例によってそのあと京都に寄ってきました。関西方面に行った時、必ず京都に寄りたくなるのは何故でしょう(私だけ?)。2年間嵐山に住んで専門学校に通っていましたが、いつかまた京都に住むことが出来たら良いな、などと思っています(多分無理でしょう。だってこの横浜には大切な友人たち...

薫風自南来~箱と箱書 後編

 昨日はところにより突風や雹(ひょう)が降ったりしたようですが、横浜はさわやかな日が続いています。5月に入って茶の湯では半年使った炉を塞ぎ、風炉の時季になりました。来週あたりから着物は単(ひとえ)でも良くなります。 さて、GW前に書いた「箱と箱書」の続きです。 一つの茶道具に複数の箱が付随しているということがあります。これは茶道具の保護が目的というよりも、その時代時代の所持者が、いかにその作品を重要視...

GW(ゴー・ウエスト) PartⅡ

4月29日(日)、スタッフの企画・立案でフリーマーケットを教室のガレージで開催しました。初めてのことでしたので、準備など色々と大変そうでしたが、近隣の方々との共催ということもあり、有意義な時間を体験したようでした。←私は当日あまり現場に居なかったので、ひと事みたいな書き方ですみません。今後も開催していければと考えており、近隣の方々の輪も拡大していったら素敵だなと思っています。 大型連休中盤は、テニス...

GW(ガッツリ・ウォーキング) PartⅠ

 大型連休も今日で最終日、皆さま如何お過ごしでしょうか。横浜は朝から雨が降っています。連休の初めに国立新美術館に行ってきました(以前、新国立美術館って記載してしまいました。すみません)。ここのところ六本木づいていますが、私は昼間の街しか知りません。とても良いお天気で、大変な人出でした。 第93回光風会展の切符を友人からもらい出かけたのですが、昼食を取ろうにも表通りのお店はどこも列をなしていて、しばら...

Menu

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索