Archive [2007年11月 ] 記事一覧

♪時には苦かったり渋く思うこともあるだろう…

 早いもので明日から12月ですね。秋のお茶会強化月間も、火曜日の鶴岡八幡宮にて正客を二席でさせて頂き、楽しく終了することができました。 陶芸教室では毎月下旬の受講日のない空いている時に、様々な講習会などにお使い頂いており、今日は、毎月紅茶の講習会を開いておられる山根ユミ先生のご紹介で、市場調査の会合がありました。私も一市民として参加させて頂き、最後に山根先生の紅茶の講習会がありました。 一人分の紅...

イデミツとミツイ=オガタとアタカ

 朝夕はめっきり肌寒くなってまいりましたが、横浜は秋晴れが続いて爽やかな毎日です。陶芸教室の前には「ふぞく坂」という名の坂があって、教室に通って来られる生徒の皆さんにとっては、急な上り坂のために評判が今イチなのですが、私はこの坂を教室に向かいながら見上げる空の色が大好きです。そして夕暮れ、坂を下りながら向かいの丘の家並に、明かりが幾つか灯っているのを見ると、とてもあたたかい気持ちになります。一つ一...

建長寺宝物風入れ

 秋は、夕暮。夕日のさして、山の端(は)いと近うなりたるに、烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり…。 歳を重ねるにつれて、季節の移ろいを身に染みて感じるようになりました。横浜に住んでいると、遠くに山の稜線を見るということは少ないのですが、そのかわりちょっとした丘陵がそこここにあって、宵闇せまる町翳と澄んだ空とのコントラストに、似たような印象を持つように思います。 ...

お茶会三昧

 11月は日本全国お茶会強化月間なのかと思うくらい、各地でお茶会が催されています。先週の土曜日は川崎大師のお茶会へ行って、四席まわって(つまり四杯のお抹茶と四個の和菓子を食べました。まだイケます。甘い物好きで良かった♪)、そのうち二席でお正客をさせて頂きました。近頃はだんだん図々しくなって、上手に正客できなくてもヘコタレなくなってしまったような気がします。良い意味で強く逞しくなっているのならよいので...

秋の陶器市

 秋の空は移ろいやすく、予報通りにいかないこともしばしばあります。今にも降りだしそうな空模様で、風も出てきました。 11月は本格的な冬が来る前の、ほんのわずかな過ごしやすい時季です。前回も書きましたが、茶家では炉を開いて、新しい茶壷の口を開けて、さながらお正月のように華やぎます。 またこの時季は各地のやきものの里で、陶器市が催されて、盛大に賑わいます。11月に開催される全国の陶器市の主なものを挙げ...

Menu

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索