ソウムメイト2017”啐啄同時”

2008/10/29 [Wed]

第2回 山手陶芸教室作品展inエリスマン邸

『第2回 山手陶芸教室作品展inエリスマン邸』も盛況のうちに無事終了いたしました。

 今回も搬入・搬出、そして展示にいたるまで、生徒の皆様にお手伝い頂きました。
 皆様が様々なアイデアを出して下さったり、お花を生けて下さったりして、とても生き生きとした、手作りの楽しい作品展になりました。
 ご来場頂きました皆様、そしてこの作品展に関わって下さったすべての皆様に、この場をお借りして深く御礼申し上げます。

 陶芸教室からエリスマン邸まで場所が近いせいもありますが、搬入・搬出は皆様のご協力のおかげで、開封・梱包作業もあっという間に済んで、初日の展示もまったく白紙の状態から、予定通り小一時間で展示が完了し、何から何までスムーズに進みました。展示の仕方についても簡潔に打ち合わせして、サッと作業に取り掛かる様子は、とても気持ちの良い瞬間でした。

 ご家族やご友人同伴でお越し下さった方もいらっしゃって、それぞれが普段とは別の一面を垣間見た、そんな素晴らしいひとときだったのではないかと思います。

 またご都合でお越し頂けなかった方々からも温かいお言葉をたくさん頂戴しました。お気持ちだけでも本当に有難く感謝しております。

 昨年の山手234番館に続いての作品展となりましたので、是非第3回へとつながっていけるように頑張りたいと思います。今後も皆様ご指導、ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。
エリスマン邸地下ホールにて
2008/10/17 [Fri]

卯花墻展示中!

 着る服を迷うほど持ってはいないのですが、ここ数日は一枚重ね着しようかどうしようか、判断が難しい陽気ですね。と言いつつ私はまだ半袖一枚で過ごしています(寒がりスイッチはいきなり入ります)。

 各地で紅葉の便りも聞かれるようになりました。来月も連休があるので、月曜日に平日気分でうっかり出かけたりすると、大変な混雑に巻き込まれる可能性があるので要注意です(私だけ?)。

 東京・日本橋の三井記念美術館で「特別展 茶人のまなざし 森川如春庵の世界」が開催中です。私は東京に先駆けて今春開催された名古屋市博物館の展示を拝見しました。芸術の秋にオススメです。

 さて以前にもお知らせしました、山手陶芸教室 第2回生徒作品展inエリスマン邸は来週に迫ってきました。25日(土)は午前10時半~午後5時、翌26日(日)は午前9時半~午後3時半の予定です。皆様のお越しをお待ちしております。
2008/10/10 [Fri]

残花(ざんか)

 今日の横浜は、夕方から雨が降ったり止んだり、はっきりしない天気でした。その分、湿度が高かったせいか、粘土の乾燥速度が遅く、削り作業には最適でした。

 10月に入ってお茶の世界では名残(なごり)の時季となりました。昨年の11月に口切りした茶壷には、残りわずかのお茶の葉を残すのみ、風炉も来月には炉開きですので、しばしの別れ。勝手付に据えていた風炉も、涼しさに火が恋しくなる客近く、道具畳中央に据えます。逆に水指を客から遠ざけて勝手付に、場所が狭いため細水指を用います。懐石の向付(むこうづけ)などは寄せ向うにして、常のように揃いの器ではなく、別のものを集めて使ったりもします。

 ところが花に限っては残花(ざんか)と言って、秋の花を宗全籠のような大きめの花入にたくさん入れます。ホトトギス、ワレモコウ、フジバカマ、萩、リンドウ、ミズヒキなど…。とてもにぎやかな印象ですが、どれも控えめな花ばかりですので、翌11月の炉開きの際の、椿との対照的な意味合いもあるのでしょう。
宗全籠に残花を入れて

 残りわずかな風炉を楽しみながら、炉開きを待つことといたしましょう。
2008/10/03 [Fri]

月白風清

 横浜は爽やかな秋らしい天気が続いています。昨日は午前中テニスをしていましたが、とても気持ちが良くてちょっぴり得した気分です。

 先日、根岸駅近くに建築中のマンションのモデルルームにて、体験教室(電動ロクロ)と作品展示をさせて頂きました。最近はマンション入居後の居住者のコミュニティ作りや、地域との交流も重要視され始めているようで、その一環としてモデルルームを見学にいらっしゃった方に、陶芸教室の紹介も兼ねて実際に体験して頂きました。私たちにとっても初めてのことでしたので、大変貴重な経験になりました。
マンション・モデルルームでの作品展示をさせて頂きました。
マンション・モデルルームでの体験教室をさせて頂きました。

 さて先月末の日曜日は、三渓園のお茶会のお手伝いをさせて頂きました。 いわゆる大寄せの茶会の仕事となると、お点前する人や半東、水屋では茶筅を振る人やお運びなど、その裏側はまさに戦場のような状態なのですが、それに比べると今回は随分楽をさせて頂きました。私は茶席の外で、お客様の誘導や案内係でしたので、当日の天候だけが気がかりでしたが、「照らず降らず」で助かりました。

 私の茶友たちも茶席や水屋の手伝いをして、様々な体験ができた様子で、当日お越しくださったお客様、そして師匠を始めとする社中の皆様や関係者の方々に感謝しきりでした。私も常に明るく、笑顔を心掛けて頑張ったつもりでしたが、その後各方面からあたたかいご指導ご鞭撻を賜り、しっかり反省して今後に活かしていきたいと思います。

 以前からホームページでもお知らせしております、「山手陶芸教室作品展inエリスマン邸」がいよいよ今月25日(土)、26日(日)と開催されます。エリスマン邸は横浜・外人墓地に隣接する由緒ある洋館で、周辺には他にも様々な観光スポットが点在していますので、芸術の秋、散策の途中にでもお立ち寄り頂けたら幸いです。

 | HOME | 

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索