全米初優勝!そして生涯グランドスラム達成!
 全米オープンテニス男子決勝は、大方の予想通り第1シードのラファエル・ナダル選手の優勝で幕を閉じました。これでナダル選手は生涯グランドスラムを達成、史上7人目の快挙となりました。

 試合内容は前半、相手のジョコビッチ選手の健闘が光りました。3セット目まではフォアハンドの強烈な逆クロスが次々と決まり、準決勝まで1セットも落とさなかったナダル選手から第2セットを奪い、フェデラー選手を破って勝ち進んだのも納得のスーパープレーの連続でした。ヘアスタイルも含めて私は完全にジョコビッチ選手をナメてました(人の髪型のことは言えないのにネ)。

 第4セットになるとさすがにナダル選手の地力が勝り、結局セットカウント3-1でしたが、今大会特に印象に残ったのはナダル選手のサーブで、昨年の彼のサーブの平均速度が170km/h程度だったのが、今年は190km/h余と、なんと20km/hも速くなっているのだそうです。その結果、サービスエースも1試合平均17本だったのが、36本と倍増。ランキング1位の選手が、さらに進化を続けているという恐るべき事実。私達アマチュアも見習いたい向上心ですネ。

 フェデラー選手は芝の王者と呼ばれ、ハードコートでも強く、まさにチャンピオンの風格があります。ナダル選手はまだ24歳。既に確固たるチャンピオンの座に居ながら、いつまでも挑戦者のような印象があるのは、或いはこの常に上手くなろうとする姿勢からきているのかもしれません。きっとこの先あと4~5年は圧倒的強さでテニス界に君臨し続けてくれることでしょう。
偉業達成!
【2010/09/15 18:16 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
水急不流月
 長かった酷暑も今日までだそうで、明日からようやく秋本番を迎えられそうですが、一ヶ月以上高温にさらされたせいで、皮膚が厚くなったような気がします。ツラの皮じゃないヨ。

 さて全米オープンテニス、男子準決勝でロジャー・フェデラー選手がフルセットの末、ジョコビッチ選手に敗れてしまいました。残念です。29歳という年齢からくるスタミナの問題か、あるいはもう自分のテニス人生に満足して、貪欲さがなくなってしまったのか、一時はマッチポイントまで握ったのに…。

 もう一つの準決勝はナダル選手が圧倒的な強さで勝ち進みました。今のナダル選手の勢いを止められるのは、フェデラー選手しかいないと思ってますので、遂にナダル選手が生涯グランドスラム達成!ということになるでしょう、私の予想。

 永遠に続くかと思われた猛暑が終わるとともに、テニス界も一つの時代が終わりを告げようとしているのかもしれません。
【2010/09/12 17:30 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
まだまだ~っ!
 今年は猛暑を通り越して100年に一度の異常気象との発表があり、なんだか少し気が楽になりました。だって今年から毎夏こんな感じだったら、来年を乗り切れる自信なんてありませんから。もうしばらくの辛抱です。

 いよいよテニス全米オープンが開幕!錦織選手もフェデラー選手も勝ち上がっています。誰が栄冠に輝くのか?まだまだフェデラー選手には期待しています。
【2010/09/04 21:34 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |