ソウムメイト2017”啐啄同時”

2011/07/18 [Mon]

なでしこJAPANワールドカップ優勝!

おめでとう!
WBCの野球も、五輪の女子ソフトボールも、そして女子サッカーも、日本は世界一なんですね☆スゴイ!
男子サッカーのその日も近い気がします♪
2011/07/15 [Fri]

横浜スタジアムなう


しかも阪神側♪
2011/07/13 [Wed]

進化し続けるナダルは、またセンターコートに帰ってきてくれることでしょう

横浜は連日カンカン照りです。ふぅ~。

節電意識が高くなっているので、熱中症になりやすいようです。ご注意を。

この暑い中、相変わらずテニスをしておりますが、先日のウィンブルドン、フェデラーもナダルも残念でした。初優勝のジョコビッチ、髪型次第ではもっとファンが増えると思います、確実に。

トップ選手でも現状に甘んじることなく、常に進化し続けている、というのに刺激を受けて、私もようやくサーブとフォアハンドの改良に着手しました。まだ始めたばかりなので、今までよりも下手っぴになっていますが、テニス仲間にはしばらくお許し頂きたい。

話は変わって、茶道の講習会で、十干十二支(じっかんじゅうにし)のお話を聞きました。講師の宗匠は、ご自分なりの覚え方をしている、ということでしたので、私も研究を始めました。

十干十二支とは、簡単に言いますと、干支(えと)の十二支に、陰陽五行の十干が組み合わさったものです。

十二支については、皆様ご存知だと思いますのでここでは省略します。ね、うし、とら、う…のことです。

さて十干はと言いますと、まず五行から説明します。

五行は曜日でもおなじみの、木、火、土、金、水の5つです。この順番で覚えないと、後々ややこしくなるので、「もっかどごんすい」か「き、ひ、つち、か、みず」で覚えると良いと思います、特に後者がオススメ。

この五行にはそれぞれ陰陽の2種類ずつあります。ちなみに陰は弟、陽は兄なんですね、これが。

兄は「え」と発音します。中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)の「え」です。

弟は「と」です、なんとなく。

なので、十干は「き、ひ、つち、か、みず」にそれぞれ「え、と」を付けます。干支ってここから来てるらしい。

すなわち「きのえ」「きのと」「ひのえ」「ひのと」「つちのえ」「つちのと」「かのえ」「かのと」「みずのえ」「みずのと」の10種類が十干です。

十二支は12年周期ですが、この十干は10年周期です、当然でしょー。

なので、例えば「子=ね」年で、同時に「きのえ」だと、「きのえね」と言います。マジで。

ここで補足です。先ほどの「きのえ」「きのと」「ひのえ」「ひのと」「つちのえ」「つちのと」「かのえ」「かのと」「みずのえ」「みずのと」の表記ですが、これはそれぞれ甲、乙、丙、丁、戊、己、庚、辛、壬、癸の文字を使います。何故だかね。元々は中国から来たんだから。

で、音読みで「こう」「おつ」「へい」「てい」「ぼ」「き」「こう」「しん」「じん」「き」とも読みますので、戦後すぐの通信簿を持っている方なら覚えやすいのかもー。ねー。

そこで前述の「きのえね」は「甲子」と表記します。こ、この字面…。そう、甲子園球場は竣工した1924年が「きのえね」だったからだよ。「キノエネン球場」の可能性もあったのだよ。(ウソ)

「きのえね」の翌年は「きのとうし」です。プッ、「きのえうし」じゃあないからネ。いつまでも「きのえ」ってんじゃないよ。

さてここで問題です。十二支の12年周期と十干の10年周期がめぐり巡って、再び元の「きのえね」が来るまで、何年かかるでしょう?(○×中学入試問題)シカクい頭をマルくして考えて!

答えは60年。12と10の最小公倍数なのだよ。ここで挫折しないでー!

ちなみにさっき「きのえうし」ってボケてみたけど、「きのえうし」は存在しません。なんでかって? 12と10はお互い偶数同士だからサ。ついてきてーっ!

それから、「きのえ」の年は、西暦の下一桁が必ず「4」なんです。なんでかって? 十干は10年周期だからだよ。

そうなると、「子=ね」年は、西暦の下一桁が必ず偶数で、「丑=うし」年は、奇数で…。なんでって、なんでもだよっ!

つまり、あとは皆様自分なりの覚え方で覚えて下さい。ひど!ここまでついてこさせての結末。ただこれを知っていると、茶会で墨跡に十干十二支を見た時、「昭和○○年のお筆ですね、ちょうどこの頃一番油が乗っていて、筆跡に勢いがありますな」などと、のたまって、周囲に尊敬と崇拝の目で見られるかもー。

なになに、茶会で墨跡に十干十二支を見るというシチュエーションなんかない?!

常に進化し続けることが大切サ。

 | HOME | 

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索