Entries

薩摩が俺を呼んでいる

 横浜は昨日から少し過ごしやすくなりました。秋はそこまで来ているのでしょう。

 NHK大河ドラマ「篤姫」が高視聴率だそうで、いやぁ~、お役に立てて何よりです。史実が脚色されている部分も間々あるとは思いますが、それでも毎週欠かさず観ているうちに、俄然薩摩に行きたくなってきました。

 8年前に一人旅で鹿児島に行き、維新ふるさと館や西南戦争の終結の場である城山、磯の別邸も見学し、さらに宮崎・飫肥(おび)の小村寿太郎記念館、熊本では四時軒(しじけん・横井小楠記念館)や神風連資料館を巡り、海路島原に渡ってから長崎に入りグラバー亭はもちろん、亀山社中跡(海援隊の前身組織、現在は閉館)などを見学、さらに大分は日田の咸宜園(かんぎえん・広瀬淡窓の私塾で高野長英、大村益次郎などを輩出)、そして唐津のやきもの、福岡・博多の屋台とラーメンを堪能してきたのでした。

 行くとすればお盆休みぐらいしかないかなぁ、となかなか腰が上がらずにいました。

 そんなことをそこはかとなく思いながら過ごしていたある日、実家の法事の帰りに従妹二人と新幹線で一緒になりました。二人とも結婚して子供も居るのですが、上の従妹は子供も少し手が離れてきたので、最近遠泳を頑張っているという話をしてくれました。しかも海を泳ぐ大会に出るというので、私は以前テレビで観た、鹿児島・桜島の錦江湾(きんこうわん)を地元の小学生たちが泳いで渡るドキュメンタリーを思い出し、「まさか錦江湾を渡るとか?」と聞き返したところ、なんとまさにその錦江湾4.2kmを横断する大会に出場すると言うのです(大会は7月下旬でしたので、結果はどうだったのか?)。

 それならせっかくだから鹿児島の観光をと勧めたのですが、大して観るところもないと思い一泊しかしないとのこと。なんてもったいない!私なんて三日あったってまわりきれない、維新ふるさと館だけでも一日だけじゃ全然足りない。磯の別邸ももう少しのんびり観たい…などと熱く語っているうちに矢も盾もたまらなくなって、翌日には旅行代理店に駆け込んでいました。明日8月11日出発です。飛行機の上昇下降・左右旋回、エコノミー狭所が非常に苦手なので、搭乗直前に缶ビールを一気飲みし、酩酊状態にして自分を誤魔化し、酔いもさめやらぬまま薩摩に着陸する予定です。

 皆様はどんな夏休みをお過ごしでしょうか?これからの方も終わった方も、また休みがあまりない方も、陶芸教室は来週20日(水)からです。どうぞ宜しくお願いいたします。せごど~ん!いちぞうさ~!

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/141-d3f11a99

Menu

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索