九州一人旅~二日目~仙巌園と尚古集成館、篤姫館へ
 さて九州一人旅の二日目。午前中は鹿児島の観光地を巡回している、シティビューというレトロ調のバスで仙巌園へ。別名磯庭園は島津家の別邸。維新後、版籍奉還から廃藩置県と、明治政府が立て続けに打ち出した政策によって、結局何もかも取り上げられた格好になってしまった島津久光(斉彬公の義弟。大河ドラマ・篤姫では山口祐一郎さんが演じています。ミュージカル出身の52歳。なんとお若く見える)が、かつての家臣であった西郷・大久保たち新政府のやり方に対する怒りのあまり、ありったけの花火を錦江湾で打ち上げさせ、この磯庭園で眺めたという逸話が残っています(今回の大河ドラマでこのシーンがあるかどうかは分かりませんが)。
仙巌園(磯庭園)

 桜島を築山に、錦江湾を池に見立てて作られたという壮大な借景を持つ仙巌園は、斉彬公の時代に最先端の洋式技術を導入しました。写真の木の左下には日本で最初のガス燈となった鶴燈籠も見えます(ちっちゃく)。
近くで見ると大きい鶴燈籠

 お土産屋さんも充実していて、薩摩焼や薩摩切子など、素晴らしい伝統工芸品の数々を拝見させて頂きました。薩摩切子は良いもの(値段もよい)と安価なものとでは、色が随分違うことを知りました。また薩摩焼の白薩摩には通常の貫入よりも細かい「八重貫入(やえかんにゅう)」という上物があることも知りました。お店の方もとても親切であたたかく、良い思い出になりました。

 さて仙巌園の隣には尚古集成館があります。この一帯は斉彬公の時代には集成館という工場地帯で、現在は島津家伝来の史料を中心に文書や書画をはじめ歴代の当主らの鎧、薩摩切子や薩摩焼などの工芸品、機械類など約1万点を収蔵しています。
尚古集成館

 尚古集成館の横には、薩摩切子を製造しているガラス工芸館があり、間近で見学させて頂きました。
ガラス工芸館。観光客の見学用ではなく、完全に工房です。
経験地によって作業内容が高度になっていくそうです。
削りすぎると穴が開くことも。

 デザインの割付をしている男性がちょうどグラスの芯出しをしていて、ガラス製品だと手回しロクロとの摩擦が少ないので、いとも簡単にできることが判明。これはひょっとすると陶芸に応用できるかもしれません。
簡単そうに見えた芯出し

 ガラス工芸館の駐車場の片隅には登り窯の跡があり、往時を偲ばせていました。そこからさらに南に行くと、現在でも白薩摩を焼いている窯元があって、ここも見学させて頂きました。
登り窯跡

 香炉の細かい彫を施している職人さんは、少し作業をしては乾燥を戻すために塗れタオルやビニール袋にくるんで、丁寧な仕事をされていました。
非常に細かい彫の作業中

 絵付け職人さんは、ここだけ畳が敷かれていて、美しい色絵をされていました。
これまた非常に細かい絵付けの作業中

 ここの窯元さんでは前述の八重貫入を制作しています。
ガラス工芸館から少し坂を上がったところにある薩摩焼の窯元。

「八重貫入」は、第19代藩主島津 光久が江戸初期の1687年前後、交流のあった大名への贈答などを目的に作られ始めたといわれます。高い技術が必要なため当時から希少品とされ、尚古集成館(鹿児島市 仙巌園横)にも数点しか残っていません。一部の窯元に技術が受け継がれていましたが、昭和20年代はじめごろまで製造は途絶えていました。白薩摩の特長であるひびは、本焼きで膨張したガラス質のうわぐすりが、本焼き後に冷めて縮む過程で生じます。八重貫入は、一般の白薩摩に比べ、表面のひびがきめ細かく折り重なり、立体感や奥深さを醸し出すといわれます。うわぐすりと素地(土)の熱膨張率の差を一般の白薩摩より高めることなどで、幾重にも重なってみえる微細なひびが生まれるのです。

 そんな訳で仙巌園と尚古集成館周辺の見学はとても興味深かったため、午後の時間に大幅に食い込んでしまいました。とりあえずシティビュー(シャトルバス)でフェリー乗り場近くのドルフィンポートという複合施設に行き、とりあえず遅いランチをとりました(もちろんラーメン!チェーン店のようでしたがここも美味♪)。

 このNHK鹿児島放送局の向かいに位置するドルフィンポート内には、期間限定で「篤姫館」が作られていて大変な賑わいでした(来年の1月12日までやっています)。大河ドラマの撮影風景(VTR)や、実際に撮影で使われた着物を羽織っての記念撮影ができたりして、親子連れで楽しめる内容になっています。
鹿児島はやはり篤姫で盛り上がっていました。

 充実した鹿児島での二日間もこれにて終了。夕方から次の目的地・熊本に向かうべく、九州新幹線に乗りました。
九州新幹線「つばめ」鹿児島から熊本まであっという間
まだまだつづく…
【2008/08/29 20:57 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<九州一人旅~三日目~熊本城から神風連資料館 | ホーム | 続・九州一人旅~初日Ⅱ、城山哀歌>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/145-af68383a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |