「てぇゃーく でぇゃーけゃあ」
 今日の横浜は、久しぶりに朝から一日、まとまった雨が降っています。

 横浜に限らず、東京など大都市には全国から大勢の人が集まっていますので、さまざまな方言が気付かない間にも飛び交っていることがあります。

 先日お茶事でご一緒させて頂いたお正客様は、茶杓の共筒の蓋について「あんまり『いらっては』いけませんね」とおっしゃったので、ご出身をお訊ねしたら広島とのこと。関西地方では、触ることを『いらう』と言うのを、京都に2年間住んでいる間に知りましたので、少々懐かしい響きでした。

 これが東海三県、特に愛知の出身者が会話に加わると、それだけで盛り上がります(私は岐阜です)。

 例えば「お客様は食事してみえる」という敬語の使い方があります。これは「お客様は食事をされている」という意味で、さらに「お客様は食事してめーる」とか「お客様は食事しとりゃーす」と言うこともあります。
 それから今日、茶友から教えてもらったのは、「この値段でこれだけの品数が出てくるなんて『お値打ち』ですね」という使い方は、関東ではあまりしないとのこと。『お得』とか『割安』とか他の言葉を使うようです。私は茶室でしょっちゅう「この茶碗はとっても『お値打ち』だったんです」などと自慢したりしていたので、ちょっと驚きました。

 京都でお世話になったお茶の先生は、お尻のことを『おいど』とおっしゃっていました。最初はなんのことやら分からなかったのですが、今では私もたまに真似して使っています。なんだか優しい響きです。

 ちなみに「体育大会」は「てぇゃーく でぇゃーけゃあ」です。
うちに自生しているアロエの花。「医者いらず」という俗称は方言?
【2009/01/30 19:12 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<馥郁(ふくいく)たる薫りとは… | ホーム | そんなに甘くないのヨ。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/163-ab0df868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |