粘土と釉薬と窯があれば、世界中どこでもやきものが作れます。横浜でも備前焼、唐津焼、志野焼、織部焼、黄瀬戸など、様々な種類の陶器を作れるわけです。全国から粘土と釉薬を取り寄せることは決して困難なことではなく、多少の送料を負担すれば現地と同じ値段で購入できます。
 日本の伝統的な窯業地(ようぎょうち=やきものの産地)は、すなわちやきものに適した粘土が採れる地域です。岐阜県の美濃焼(志野焼、織部焼、黄瀬戸など)、滋賀県の信楽焼、岡山県の備前焼など、やきものにそのまま地名がつけられているように、昔から粘土が採れるすぐそばで登り窯などを築いてやきものは作られてきました。
 教室では様々な種類の粘土を仕入れていますが、これらは全て陶芸材料全般を扱う業者さんからまとめて購入しています。その業者さんは全国の窯業地から、やはり粘土を扱う(或いは採掘している)業者さんから仕入れていらっしゃるようです。
 明治時代以前までは良質な粘土が採れるすぐ近くに窯を築いたのですが、現代では交通機関の発達によって、横浜のような都心部でも全国各地から粘土を取り寄せて、やきものを作ることが可能になりました。

 しかしこのような時代変化の中で、本来の窯業地ではない場所で焼かれたやきものは「本物」ではなく、あくまで本来の場所で焼かれたものこそが「本物」であるという認識が、今でも一般の印象としてあるのも事実です。例えば教室で焼かれた備前焼は「本物」ではなく、「備前焼風」とか或いは「なんちゃって備前」などと揶揄されることもあります。これに対して私個人は特に異論があるわけでもなく、大筋同様の見解を持っていたのですが、昨今の各窯業地の事情や陶芸家の先生方のお話を伺ううちに、少し考え方が変わってきました。

 粘土や釉薬に関して、例えば萩焼の窯元の中には瀬戸内沿いの防府市近郊大道村で採れる大道土(だいどうつち)を使ったりしています。有名な坂家(代々高麗左衛門を襲名)では三代目から使用しているということですので、江戸時代からわざわざ粘土を日本海側まで運んでいるわけです。また京都の樂家では代々子孫のために京都近郊の粘土を採取、保存してそれを使用していますが、場合によっては京都府外にまで及ぶことがあるそうです。
 また、美濃焼の志野や織部、黄瀬戸の復興と名品で知られる陶芸家の加藤唐九郎さん(1898~1985)は美濃ではなく瀬戸の出身で、終生瀬戸で美濃焼の作品を作り続けました。その薫陶を受けた山田和さん(1954~)は福井県で志野や織部の素晴らしい作品を作り、生前加藤唐九郎さんも越前の土で志野が作れる、と山田さんに助言しておられたそうです。
 やきものは本来、登り窯や窖窯(あながま)で焼いたものでなくてはならないという「常識」も、多治見の鈴木蔵さん(1934~)が、ガス窯で焼く志野で人間国宝に認定されたことで大きく覆されました。

 古来からの窯業地や大家と呼ばれる陶芸家の方々も、常識や既成概念にとらわれず、それぞれの場所で独自の粘土と釉薬を用いながら、伝統の延長線上で創造していることは、やきものと縁もゆかりも無い土地でも、「本物」を作り出せるという可能性を感じさせてくれるのです。
Secret

TrackBackURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/21-919a36f5