先週の土曜日、第4回たての会観桜茶会を、陶芸教室にて開催しました。毎年ではありませんが、桜の時季に行っている恒例行事で、当日は70名を超えるお客様にお越し頂き、大いに賑わいました。

東日本大震災の直後だっただけに、当初は中止しようかと、共催の先生とご相談したものの、お客様からの「こういう時期だからこそ是非開催して」という強いご要望を頂き、背中を押して頂くことになりました。

遠く埼玉や千葉からお越し下さったお客様、流派やそれぞれの生活事情も違う皆様が、一服のお茶を通して、心をひとつにできたように思います。

これまで当たり前のようにお茶を喫していたことが、実は当たり前ではない、沢山の積み重ねでできていたこと、お茶を飲むことすら間々ならないということも、一瞬にして起こりうるのだということを、この2週間強く感じずにはいられませんでしたので、あらためて自分を取り巻くすべての存在を見つめ直し、感謝するきっかけになりました。

お越し下さいました皆様、本当にありがとうございました。

残念ながら陶芸教室の桜は蕾のままで、お客様にご覧頂くことは叶いませんでした。これも自然というものが、人間の思い通りにはいかないものだと気付かせてくれる、ほんの小さな、しかし確かな存在なのでしょう。
茶会風景
Secret

TrackBackURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/282-0a9a4d0d