毎月10日は鎌倉・鶴岡八幡宮の月釜=巴会です。早いもので、あれからひと月経ったのですね。…というよりも、むしろもう何ヶ月も前のことのように感じるのは私だけでしょうか。ひと月前と今とでは、明らかに心境の変化がありますので、光陰矢の如しなどと申しますが、いたずらに月日が過ぎていっているという訳でもないようです。

ちなみにふた月前に撮った写メです↓

5分もあれば撤収できます


陶芸教室の2階のスペースに、仮想八幡宮広間を設営して、本番を想定した練習をしました。点前座までの距離感、正客の位置くらいまでで、十二畳半すべてを再現するには畳が足りませんでしたが、もはや懐かしい画像です。

全部で七畳ちょっとしかありませんが、いつか花月もやりたいと思っています。稽古茶事が実現できたのですから、きっと時間の問題ですヨ。あっ、炉が切ってないので風炉の時だけですネ。

私の流派では、花月は八畳間でしかやりません(実家の四畳半でムリヤリしたことがありますが、意外にできるもんです。でも親しい間柄でないと…)。それから濃茶が付いたりもしません(逆に同じ流派の方には意味が通じませんね)。5回薄茶点前をします。なので5人全員が平等にお茶を飲めるように花月札を取ろうと画策したりして、却って難易度を上げてます。

「花月百遍おぼろ月」などと言われるとおり、ある程度理解するまでには相当数経験しなければなりませんが、分かってくると面白いものです。
Secret

TrackBackURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/309-a29d023d