Sentimental Journey Ⅱ~真田紐のこと~
 今週の水曜日(おととい)陶芸教室の忘年会がありました。12月は皆さん何かとお忙しいのではと考え、昨年と同様ひと月早い開催にしました。これまで飲み会などのイベントは全て教室の中で行ってきましたが、たまには場所を変えて気分転換も良いものかと思い、またあまりお酒を召し上がらない方のために、今回は食事も楽しんで頂けたらと、関内にある高田屋さんにお世話になりました。

 店内はおそば屋さんとは思えないような、モダンで落ち着いた内装で、料理も大変美味しくお腹一杯頂きました。普段は受講される曜日が違うため、なかなか交流がない生徒の皆さんも、和気あいあいと楽しい時間をお過し頂けたのではないでしょうか。

 また二次会のカラオケ大会も大いに盛り上がって、マイクを持つ皆さんのいつもとは違う別の一面を垣間見ることができて、あっという間に時間が過ぎていきました。私自身もスタッフや周りの方々の抑止力によって、暴走することなく適度なパフォーマンスができて、翌日も自己嫌悪に陥らずに済みました。


 さて先週の続きになりますが、京都での二日目、午前中に小一時間ほど時間があったので、以前から探していた真田紐(さなだひも)を買いに行きました。真田紐というのは、茶道具などを入れる箱に使われる紐で、絹、麻、木綿などを染めて筒状に織り、それを平らにしたものです。

 茶道の家元には、この紐の色や柄に「好み」というものがあって、表千家流なら黄色(他に萌黄)、裏千家流は紐の両端が萌黄で、中央が茶色の三列織りになっているものなどがあります。

 今回お邪魔させて頂いた業者さんでは、茶道の家元以外でも、例えば著名な陶芸家や千家十職といった諸工芸の方々にも「好み」の真田紐があるということを教えて頂きました。中には茶道の家元と全く同じ「好み」の柄もあり、おそらく何代も前からその家元との繋がりがあって、同じ柄になったと考えられるものや、下積み時代に修行して独立した時に、その師匠にあたる作家の「好み」の柄に、ひと筋別の色を入れて自分の「好み」にしたりすることもある、などといった貴重なお話を聞くことができました。

 昨今流行のお宝鑑定の際にも、この真田紐が鑑定の重要な要素の一つとなります。箱書き(茶道具の箱に制作者や家元が、道具の名称や銘、由緒などを書いたもの)がしっかりしていても、真田紐が約束事と異なる場合は、疑惑が起こるわけです。

 部屋の片隅に携帯ストラップなども置いてありましたのでお訊ねしたところ、家元の真田紐はそういうことには使わないそうです。格式と申しますか、毅然と守られている伝統のようなものを感じました。

 最終日は樂美術館で「光悦と樂道入~二つの樂茶碗 二人の交友」と題した秋季特別展を観てきました。本でいつも眺めている茶碗がたくさん展示してある中、道入作の黒樂茶碗「桔梗」もあり、解説に「器体は驚くほど薄く削りこまれ…」とあったのですが、実は以前に東京美術倶楽部百周年記念茶会で、実際に手に取って拝見させて頂いた茶碗でしたので、樂吉左衛門氏の解説と自分の感覚のすりあわせができたことが、何よりの収穫となりました。
 さらに大阪観光では、なんばグランド花月でよしもと新喜劇を観ました。本当はこちらの話も大いに書きたいところですが、今回は我慢します。

 三日間本当に楽しいひとときを過ごしました。色々な手配などでお世話になった方々(Sさん、Aっちゃん)にこの場を借りて心からお礼申し上げます。
【2006/11/24 15:42 】 | 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<TASK東京説明会 | ホーム | Sentimental Journey Ⅰ>>
コメント
Thanks☆
いえいえ、こちらこそ(^Д^)!!楽しい時間をありがとチャンです♪♪また吉本行けたら良いねぇ~◎
p.s.教室通信Christmasバージョン、素敵です☆
【2006/11/30 04:40】| URL | 〔Aっちゃん〕 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/36-a83d6d4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |