2012.06.03 ペリー来航
週間天気予報では、今週曇りマークが続いていましたが、今日の横浜は予報が外れて雨は降らず、時折お日様が顔をのぞかせる天候となりました。

そちらのお天気はいかがでしたでしょうか。

さて、今日6月3日はペリー来航の日です。

但し、江戸時代の旧暦の6月3日ですので、現代の暦では7月8日にあたるそうです。

今から159年前の嘉永六年、いわゆる幕末と呼ばれる時代がこの日から始まったわけですね。

ちなみにさかのぼる事さらに30年、1823年に来日したドイツ人医師シーボルトは、帰国の際、日本の生物標本、またはそれに付随した絵図を持ち帰り、それらはヨーロッパにほとんど知られていなかった日本の生物についての重要な研究資料となりました。

植物の押し葉標本は12,000点、それを基にヨーゼフ・ゲアハルト・ツッカリーニと共著で『日本植物誌』を刊行し、その中で記載した種は2300種になるそうです。植物の学名で命名者がSieb.et Zucc.とあるのは、彼らが命名し現在も名前が使われている種であり、アジサイなどシーボルトの紹介をきっかけにヨーロッパの園芸界に広まったものもあります。

シーボルトはアジサイを新種記載した際にHydrangea otaksaと命名(のちにシノニムと判明して有効ではなくなった)していますが、これは日本で出会い、子までもうけた楠本滝の名前(おたきさん=オタクサ=otaksa)をつけたといわれています。

花入に対して花が大き過ぎですね


シーボルトと楠本滝の間に生まれた楠本イネは、幕末の動乱の中、医学の道に進み、大村益次郎などとも親交があったようですが、これについてはいずれまた。
Secret

TrackBackURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/364-3a806cfb