Entries

TASK東京説明会

 十二月を師走とはよく言ったものだと最近つくづく思います。師でもないのに今月は早くから予定が埋まっていて、先日友人からの依頼事すら断らざるを得ない状況で、忙しいという訳ではなく単に時間的拘束だから、何とかならないかと電話を切った後よくよく考えてはみたものの、やっぱりどうにもならず申し訳なく思っております。

 さて先週の土曜日、西新宿で京都伝統工芸専門学校の体験教室のお手伝いに行ってきました。私の陶芸の師匠ももちろんいらっしゃって、手びねり7名、絵付け2名の参加者でしたが、今回の体験教室(学校説明会がメインですが)では、懐かしい方々にお会いすることができました。

 お一人はいつもこの体験教室でお借りしているフロアの担当者のHさんで、今回は既に違う部署に転勤(正確には退職されて関連会社に勤務)されたにもかかわらず、引継ぎなどの確認のために、休日のところをわざわざ陣中見舞いにお越し下さり、打ち上げのお手配までして下さいました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。Hさんは私と茶道の流派が同じというところから話しも弾みますし、お免状でも先輩でいらっしゃるので何かと教えて頂いています。

 また、私が在学時に学校の事務室に勤務されていたTさんが、今回の学校説明会の進行役としてお手伝いにいらっしゃっていて、約三年振りにお会いすることができました。私たちの卒業と前後して学校を離れておられたので、予期せぬ再会に懐かしさもひとしおでした。Tさんも学校にお勤めされている時から茶道に熱心な方でしたので、今回体験教室に特別参加して頂き、抹茶碗をお作りになりました。黄瀬戸に焼き上げるお約束で、次回お目にかかるときはその抹茶碗で一服差し上げられれば、と思っています。

 もうお一人は京都伝統工芸専門学校の後輩にあたるのですが、この体験教室のお手伝いを通じて知り合ったOさんです。指物、特に箱物を制作されていて、実は前回書いた真田紐について興味を持つきっかけになった方です。さっそく京都の真田紐師さんの場所をご紹介し、私が収集した話をご報告いたしました。

 師匠を始め、他の皆様には今月12日の学生作品展でお目にかかったばかりなので、上記の3名の方々には特に感慨深い思いがありました。今度はいつお会いできるのか未定ですが、どうかお元気で。またの日を楽しみにしております。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/37-ed3d81f9

Menu

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索