ソウムメイト2017”啐啄同時”

2012/06/30 [Sat]

ハンゲショウが♪

横浜はここ数日、雨も降らず洗濯可能日和が続いています。

そちらはいかがお過ごしでしょうか。

2~3年前に鉢で買ってきて地植えしたハンゲショウ(半化粧、半夏生とも)、時季になっても全くお化粧(葉が白くなる)しないので、これはハンゲショウもどきなのか、あるいは余程スッピンに自信があるのかと思っておりましたところ、今年初めてお化粧してくれました。

分かりにくい、鳥の糞がかかっただけのように見える


大人になったんだねぇ、きっと。

葉が白くならないというお悩みは全国的にございまして、日当たりが関係するとか、地植えにしてから数年間は白くならないとか諸説ございますが、私は今回、地植え後数年間待機説を支持することを表明いたします。

ちなみにウィキペディアによりますと、

『ハンゲショウはドクダミ科の多年性落葉草本植物。

日本の本州以南、朝鮮半島、中国、フィリピンなど東アジアの亜熱帯性湿地に分布し、日の当たる湿地などにて太い地下茎で分布を広げて群生する。

日本では、生育に適した土地が減少していることから自生株は近年減少傾向にあり、地域によっては絶滅が懸念されている。

高さ50~100cmほどに成長し、葉は互生、長さ5~15cmほど、卵形で、基部がハート形の細長い形状である。夏至を過ぎた頃に長さ10~15cmほどの穂状花序を葉の付けねにつける。また、花のすぐ下に位置する葉の表面が白く変化し花弁の役目を果たすのが本種の特徴である。

開花期にはドクダミに似た独特の匂いを出す。

名前の由来は、半夏生(太陽の黄経が100°になる日)の頃に花を咲かせることに由来する説と、葉の一部を残して白く変化する様子から「半化粧」とする説がある。

また、葉の片面(表面)だけが白くなることから古くはカタシログサ(片白草)とも呼ばれている。

なお、生薬の「半夏(はんげ)」はカラスビシャクから採れるものであり本種とは関係がないが、本種と開花時期が重なることから名前の由来にかかわりがあるとする説もある。』

この記事へのコメント

コメントを投稿する


管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/372-ea7bb2b0

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索