こんばん馬☆具ッドイブニング♪
2013/02/03(Sun)
今日も横浜・山手は、昨日ほど気温は上がりませんでしたが、一日過ごしやすいお天気でした。

風邪などめされていらっしゃいませんか。

さて来年の午年(うまどし)の香合の着想を得るため、「江戸の武具・馬具展」を観に行きましたことは、先日お知らせしたとおりです。

馬そのものの造形を香合にするには、彫塑(ちょうそ)の要素が強く、余程、骨格や筋肉についての知識がないと、馬なのかロバなのか、果ては犬なのかコタツなのかすら分からない代物が出来上がる危険性があります。

よって、馬そのものではなく、馬に関わる物を香合の形にしようと、あれこれ思いを巡らせました結果、鞍(くら)の形にすることにしました。

日本の鞍

既に鞍の形を模した香合は世の中に存在していて、オリジナルデザインではありません、念のため。

まず、手びねりでこんな形のものを作ります。

鞍香合の原型


ただの土くれにしか見えませんが、これを竹ベラやカキベラや、色んな道具で削ったり貼ったりして、

鞍香合試作品


こんな形にします。途中経過をはしょり過ぎですか?

今回のものは製作工程を確認するための試作品です。実際にこの二つは製品にはなりません。

本製作に取り掛かるのは今月末の予定です。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<< | メイン | お久しぶぐばぐ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/420-ab8791d6

| メイン |