2007.02.09 偶然の連続!
 横浜は暖かい日が続いています。今年はもう寒くならないのでしょうか。梅もすっかり満開です。
 少し先の話ですが、6月23日(土)、24日(日)に外人墓地の近くにある洋館「山手234番館」にて、山手陶芸教室初めての作陶展を開くことになりました。生徒の皆様には、まだ時間的余裕もございますので、是非頑張って力作を作って出品して頂き、それ以外の皆様にはお誘いあわせの上ご来場下さいますようお願い申し上げます。

 「山手234番館」は関東大震災後、外国人向けアパートとして民間業者によって建てられ、第二次大戦後、一時米軍による接収などを経て、平成元年に横浜市が歴史的景観の保全を目的に取得、平成9年からは改修工事を行い、平成11年7月から見学及び貸し出しスペースとして開館しています。

 毎月第一日曜日、午前9時半に現地で四ヵ月後の利用抽選会があり、先日の日曜日、初めてその抽選会に参加しました。私はくじ運というのがほとんどない男なので全く期待しておらず、むしろ重い腰をどうにか運んだといった具合で、結果は案の定8人中4人目という微妙な順番でした。1番くじを引いた順から希望の日時と部屋を申し込めるというシステムなのですが、6月は横浜開港150周年記念の企画として、周辺の洋館や施設で日本の花器と器の展示をするということで、一番人気の部屋が利用できないという状況らしく、あきらめつつ待っていると、幸運にも私の希望する日時の申し込みがなく、二番人気の部屋ですが利用できることになったのです。
 申し込み手続きをしていると事務員の方から、当日は一番人気の部屋で多治見焼の展示があると聞き、偶然にも同じ陶器で、しかも織部や黄瀬戸、志野の産地で、私の出身県でもある岐阜のやきものの企画と重なり、強いご縁を感じた次第です。

 さて二日後の火曜日、午前中テニスでご一緒した方から、東京ドームで行われているテーブルウェアフェスティバル2007の招待券を戴きました。実はその日の午後、当日券を買ってでも行くつもりでおりましたので、あまりのタイミングの良さにこれまた非常に驚きました。

 そのテニス終了後、東京ドームに向かう前に中華街のよく行く店にランチを食べに入ったところ、偶然いつもお世話になっているⅠさんに遭遇、デザートをご馳走になりました。

 テーブルウェアフェスティバル2007では午前中に、いつもお世話になっている先生の講演があって、私は聞き逃してしまって非常に残念に思っていたところ、午後4時からも別のテーマで先生の講演があると知り、幸運にも拝聴させて頂くことが叶いました。

 とても有難い偶然の連続で、感謝しきりの今週でした。
Secret

TrackBackURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/47-b1b7cbda