箱と箱書について~前編
 横浜は今日も暖かです。ここのところ日によって随分気温の差が激しく、私などは心も体も順応させるのに一苦労です。

 さて今回は箱と箱書についてお書きしたいと思います。

 「箱とは本来、中身を保護するために作られた容れ物です。したがって、その第一の役目は、中身を護るということにありますが、さらに役目を拡げ、中身を飾る、あるいは引き立てる、中身を証明する、由来を示す、等々、いろいろな付加価値を生ずるのです。(中略)
 箱書(はこがき)とはお道具の箱の蓋の甲または裏などに、収納する品名や作者、伝来などを書き記すことで、書付(かきつけ)ともいいます。墨書が一般的ですが、箱の材質によっては、漆書や、蒔絵による字形(じぎょう:箱の材質が唐木であったり塗物の場合に、墨書できないので字形にします。筆者の墨書を箱に写し、そこへ漆を置いて蒔絵にします。字形にすることで中身の風格を誇示することにもなります)を置く場合もあります。また貼紙になることもあります。箱書は元来、その茶器を作らせた人、茶器として取り上げた人、それを所持愛玩した人などによって書かれるものですが、所持者の依頼により、有名茶人や家元宗匠が行う場合も多く、したがって箱書は極書(きわめがき:作者や伝来など鑑識の結論を簡潔に書き付けたもの)とは性格を異にします。」茶道具の箱と箱書 小田栄一著 淡交社刊より抜粋

 さらに茶道具の箱と箱書について具体的にご説明したいと思います。

 箱書をする位置にはある程度の約束事があって、三千家(表、裏、武者小路)や薮内家の宗匠は蓋の裏に箱書するのが一般的です。小堀遠州、片桐石州、松平不昧など大名系は蓋の甲(蓋の表)に書かれています。三千家の宗匠の箱には、蓋の甲には何も書かれていない場合がほとんどで、蓋裏に例えば「志野水指 銘 ○○ 花押」などと書かれています。花押(かおう)というのは、サインのようなもので、自身の名前を図案化したものなどが多いようです。

 前述には説明がありませんでしたが、箱の中身を制作した人自らが箱を用意し、箱書をする場合もあります。これを共箱(ともばこ)と言います。陶磁器の作品に多く、また茶杓のような、制作に特殊な技術を必要としないものにも多く見られ、これを共筒(ともづつ)と言います。箱の前面(側面)は、その中身の制作者が自身の作品であることを証明するために墨書したり、あるいは極書(きわめがき)を書く位置です。但し京焼の永楽家は箱の底面に墨書することが多く、この場合、箱の底面が直接畳に触れない上げ底になっています。陶芸家によっては箱の蓋甲に墨書してしまう方もいます。極書は鑑定書あるいは証明書の代わりになるものなので、一般的には制作者が亡くなっている場合がほとんどで、誰でも書けるものではなく、中身の制作者の近親者や家族、直系の子孫が書いたりします。例えば樂茶碗なら当代の吉左衛門氏が鑑定してから書きます。

 これらを踏まえて、一般の方でも自作の箱書をする場合は、決して蓋裏に書かず側面(前面)に墨書します。桐の箱は墨が滲みやすいので、墨書する前に白墨の粉や、薄めた洗剤を塗布したりして滲みを防ぎます。底部に書くためには上げ底の箱が必要ですが、これは普通の箱よりも上等です。

 さて、家元の宗匠の筆跡にもそれぞれ特徴があって、茶会の楽しみの一つは宗匠の花押を見て、それが何代目の宗匠かが分かることで、場合によると、その宗匠のいつ頃の花押かも分かります。宗匠は代を継ぐ前や、年代によって花押を変えることがあり、それが茶道具商の鑑定にも影響するわけです。

 歴代の宗匠の花押を覚えると、茶道具の正札会なども楽しくなってきます。古い宗匠の箱書のあるものほど高額とは、一概には言えませんが、花押を見て正札の記述を見ずに、何代目かの宗匠かが分かるようになり、そのうち箱書だけでおおよその値段も推測できるようになってきますので、ちょっとした目利き気分にもなれます。、もちろんなかなか買える値段ではありませんが…。

 また茶会で正客をする場合などは、これらのことを知らないよりは知っていたほうが良いようです。席主に道具について尋ねる前に「○○宗匠の△△とお見受けしますが…」などと、こちらからお伺いすることによって、会話も弾みますし、ずぶの素人的な扱いを免れることもあります。但し、知ったかぶりや、自信がないのに発言してうっかり間違えてしまうと、それ以下の待遇になる恐れがありますので注意が必要です。

 ちなみに個人的には表千家十三代の即中斎宗匠のお筆が好きです。花押も特徴的ですが、それ以上に独特の筆跡からは、筆圧や筆の作りにまで興味を抱いてしまうほどの魅力があると思います。花押を見なくても、筆跡だけで分かる数少ないうちのお一人です。

今回はここまで。次回後編も引き続きお読み頂けたら幸いです。
【2007/04/27 18:22 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<GW(ガッツリ・ウォーキング) PartⅠ | ホーム | 出光美術館~志野と織部展>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/58-9b3ce366
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |