横浜も梅雨が明けまして、今日はこれぞ夏休みといったような真っ青な空でした。

今月は稽古茶事があったり、東京へ出張したり、久しぶりの友人に会ったり。

色んなことがあったので、良い意味で頭の中が混沌としております。



そんな陶芸教室の庭に、自然発生したタカサゴユリの白い花が揺れています。

20160730

スマホでキレイに撮影できました。が、このタカサゴユリ(とおぼしき花)、元は外来種のようでして、国立環境研究所のホームページには、「侵入生物」として扱われています(なんか物々しい)。

その備考欄に、「近年各地で繁茂しているが花がきれいなためなかなか駆除されない。少なくとも外来種であることを周知する必要がある。」と書かれていますが、まさに的を射た見解。いつの頃からか自生したこの花を、私も毎年楽しみにしていますもん。

ましてや駆除とか除草する気など起こりませんよー。

一応、放っておいても「法的扱い」は無しのようです。
Secret

TrackBackURL
→http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/672-82aa0bd5