Entries

東美特別展

 キンモクセイがどこからともなく香る季節になりました。二季咲きで5~6月にも楽しめるお得感のある花です。

 今日は早朝から首都圏のJRの改札機に不具合が発生したそうですが、私が朝9時過ぎに山手駅を利用した時は、ほとんど影響なく乗車できました。それでも横浜駅の改札出口付近では、JRの職員の方が総出で利用客の対応に追われていました。

 私が子供の頃は改札口には鋏を持った駅員さんがいて、切符を切ってくれたことを思い出しました。乗客が多い時でも素早い手つきで次々と切符に鋏を入れ、乗客が居なくなっても手にした鋏を「カチカチ」とカッコ良く打ち鳴らしていた光景が、どこの駅でも見られました。

 機械化が進んで便利になった現代では、ふとしたことで不具合が発生すると、非常に不便に感じてしまいます。先日も銀行のカードを、ICチップの組み込まれた新しい(スキミング被害対策の)ものに交換してもらい、後日ATMで初めて利用しようとした時、以前のカードと暗証番号を違うものにしていたことをうっかり忘れ、何度か入力を間違えてしまったために、結局その口座のある支店まで出向く羽目になってしまい、とても不便に思ったことがありました(自分が悪いんですけど、現行のカードは入力ミスが2回までという厳しさとは知りませんでした)。

 人間は便利なものを発明するたびに、それまで持っていた能力を一つずつ手放していってしまうのではないでしょうか。例えば鉛筆が発明されたことによって、私たち日本人は筆を持たなくなりました。今では筆で字を書くことを苦手に思っている人も少なくないと思います。昔は誰でも皆、筆で文字や絵を書いていたわけですから、筆すら使わなくなった時代の人間が、絵付けのされた昔の陶磁器を見て、同じように描こうと思っても、なかなか一筋縄ではいかないのは当然でしょう。

 手びねりでもロクロでも、手を使わなくなってきた現代人から見ると、昔の人のほうが明らかに技術が高かったと思わざるを得ません。科学は進歩しても、実は人間の技術や発想、想像力といったものまで退化しつつあるのでは、意味がないような気がします。

 さて先週、東京美術倶楽部の特別展に行ってきました。三年に一度の催しですので、素晴らしい美術品、茶道具の数々が展示、販売されていました。ここ最近、骨董市を見て回っていましたが、やはり本物の色や形を直に見ることの大切さを、改めて痛感しました。現代では決して作り出せないものなのかもしれません。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/86-be624df4

Menu

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索