Entries

イデミツとミツイ=オガタとアタカ

 朝夕はめっきり肌寒くなってまいりましたが、横浜は秋晴れが続いて爽やかな毎日です。陶芸教室の前には「ふぞく坂」という名の坂があって、教室に通って来られる生徒の皆さんにとっては、急な上り坂のために評判が今イチなのですが、私はこの坂を教室に向かいながら見上げる空の色が大好きです。そして夕暮れ、坂を下りながら向かいの丘の家並に、明かりが幾つか灯っているのを見ると、とてもあたたかい気持ちになります。一つ一つのあかりの下には家族があって、生活があって、誰かが誰かを思っているのでしょう。秋は何故か感傷的に物事を見せてくれます。

 さて今週の火曜日に、三井記念美術館へ安宅コレクションを観に行ってきました。東洋陶磁のコレクションとして質、量ともに世界でもトップクラスとされる安宅コレクションの名品展です。安宅産業の元会長であった安宅英一氏が精選、収集した約1000点の作品のなかから、中国・韓国の陶磁器の名品126点を選りすぐり、国宝2点(油滴天目、飛青磁花生)、重文11点を含んだ展示です。 また、25年の歳月と情熱をかけてこれらの作品を選んだ安宅英一氏の眼にスポットをあて、コレクション形成の知られざるエピソードを交えて展開させることで、美の求道者の横顔に迫っています。

 展示物の多くに、安宅氏がそれを入手するまでのエピソードなどが詳細に書かれていて、作品そのものよりも、むしろ安宅英一氏のヒトトナリに注目した展示だったような印象を持ちました。日本でも有数の総合商社だった安宅産業は、東洋陶磁の収集にも巨額の社費を投じていましたが、1973年のオイルショックを機に業績が悪化、結局その4年後に吸収合併により解散してしまったそうです。唯一の救いはこれら名品が散逸することなく、大阪市東洋陶磁美術館という、一般公開の道を取られた点に集約されると思います。

 続いて出光美術館の「乾山の芸術と光琳」を観に行きました。乾山とは尾形乾山(1663-1743)、光琳はその次兄の尾形光琳(1658-1716)のことで、弟の乾山は陶芸で、兄の光琳は絵画や漆芸、着物の衣装までを手がけた元禄時代の芸術家です。今回は特に乾山の陶器類が数多く出展されていて、なかなかに見ごたえのある展示になっています。二人の生家は京都でも屈指の呉服商で、家業は継ぎませんでしたが、それぞれ複数の家屋敷と金銀諸道具などを相続しました。しかしこれらには全く執着することなく二人ともそれぞれの芸術性にのみ生涯を捧げました。

 奇しくも時代を超えて、「美」に魅せられた人たちに、どこか相通ずるものを見たような気がします。

*Comment

毎週更新してますね~ 

どもども
何故か毎週金曜日に更新されているみたいですね。
お話が奥深く、テニスをしている田口さんと
また違った面が覗けるので、結構楽しみにしていますよ。
もっと多くの人にホームページを見ていただき
このブログが目に止まるといいですね!
また何か一緒につつきましょ~(鍋とかぁ、ジンギスカンとかぁ)

カタカナで書くと、イデミツとミツイって似てますね
  • posted by りお 
  • URL 
  • 2007.11/29 00:13分 
  • [Edit]

りおちゃんへ 

 コメントありがとうございます。毎週金曜日に更新していること、よくぞお気付きに!なんだかこだわっているんです。
 テニスをしている時と、お茶室に居る時と、陶芸している時と、カラオケしている時と…。それぞれ少しずつ違う私かもしれません。共通しているのは、燃えるような情熱、でしょうか。ひょっとすると一見冷静に、時には冷徹に見えるかもしれません。でも本当は身のうちに燃え盛る炎を隠し持っているんですねぇ。
 テニスのロジャー・フェデラー選手のように、常にクールにプレーするタイプの人物に憧れがありますね。きっと本当の私はそういうタイプの人間ではないから魅かれるのでしょう。それでつい衝動的にウィルソンのロジャー・フェデラーモデルのラケットを、ろくに試打もしないで買って、結局使いこなせず中古買取店に売りに行く羽目になるんですね。すっごく反省してます。
 おかげさまで、このブログをご覧下さっている方が私の予想以上にたくさんいらっしゃるようで、嬉しく思っています。「教室通信」というタイトルながら、陶芸に関係ないことも(ばかり)つれづれに書いたりしておりますが、今のところ苦情やお問い合わせなどもありませんので、こんな調子で続けていければと思っております。いつも何かとお世話になっている「りおちゃん」たちにも感謝しております。本当にありがとうございます。
 「りおちゃん」って書くと、女子みたいだよね。最初コメントもらった時、「えっ!誰なん?りおちゃんて?あのコかな、このコかな?一刻も早く返信書かな」って、頭の中のアドレス帳を最速でめくったんだけど、該当者は(当然)無く、文章を読んでみて分かりました、残念。←ウソウソ、ホント感謝してますっ!
 それではまた、コートで会いましょう。
  • posted by taguchi 
  • URL 
  • 2007.11/29 21:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://yamatetougei.blog46.fc2.com/tb.php/92-37189843

Menu

プロフィール

山手陶芸教室 ソウム課だより

Author:山手陶芸教室 ソウム課だより
『貴方の意志が本当に強い時、驚くべきほど多くのことを学ぶことが出来る。』
by チャック・ベリー先輩

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索